幸福、生き方、人生観

嘘や詐欺に騙される人は、純粋だから騙されるのではない。むしろ怠け心があるから騙される。

いつの時代でも、嘘や詐欺に騙される人はいなくならない。
では、どうして彼らは騙されるのだろうか?
彼らが純粋だから?
いや違う。
彼らが騙される原因は、むしろ「彼らに怠け心があるから」だ。

例えば、「痩せたい」「だけどそのために頑張りたくない」と考えている人がいる。
こういう人たちがいるから、怪しいダイエット商品は無くならない。
本気で痩せたいなら、そんなんさっさと運動しろって話なんだけれども、でも彼らは怠け者なので、なんとかしてそれ以外の方法で痩せることはできないかと考える。
そういう「今の自分を受け入れてくれて肯定してくれる世界」を探している。
だから、「食べるだけで痩せる」「着るだけで痩せる」なんていう非現実的なキャッチコピーに踊らされる。
そして、何の効果もないダイエット商品を買ってしまうわけだ。

今のはダイエット商品の例だが、これ以外のことも基本的な構図は同じだ。
 
愛されたい。
だけど愛される自分になるために、自分を磨く気はない。
あるいはそもそも愛とは何なのかについて、考えを深める気がない。
だから、「ずっと一緒だよ」「離れないよ」なんて耳心地のいい適当な言葉をサラリと吐く軽薄な男に引っかかる。
 
幸せになりたい。
だけど「幸せになるためにどうしたらいいか」を考えるつもりはないし、その答えを見出すために知識を増やす気はない。
だから幸運のツボを買ってしまう。
 
人生に生きがいを得たい。
だけどそれが見出せる自分になるため、見識を深める気はない。
だから、宗教に騙される。

もっと豊かに暮らしたい。
だけどそのために政治や経済の仕組みを理解するつもりはない。
だから、実現できるわけがない政策を堂々と掲げるポピュリズム的な政治家の甘い言葉に騙される。
 
こんな風に考えていくと、騙されている人々ってのはいつだって、「正道から逃げている者達」ばかりだ。
だからといって自己責任だとまで言うつもりはないけれども、だけど彼らがもう少し純粋に生きていれば、きっと何かが変わっていただろうなとは思う。

みんな、もっととりもどそうぜ。
まっすぐな自分を。
幼かった頃の自分を。
いつからそんな、ひねっくれちまったんだ!!!!

関連記事